So-net無料ブログ作成
検索選択

ニコン、「Wii」と「YouTube」で動画配信、カメラや半導体の技術を紹介

写真拡大ニコン ライブラリー  ニコンは、3月13日、同社の技術や科学の楽しさを紹介する動画コンテンツの配信を、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」の動画配信サービス「Wiiの間」と、世界最大級の動画投稿サイト「YouTube」で開始した。 今回の取り組みは、話題性、エンターテインメント性の高い「Wiiの間」と「YouTube」を通じ、未来を担う若年層に向けて科学の楽しさを体験する場を提供するとともに、カメラだけではなく、宇宙や半導体、バイオサイエンス関連など、さまざまな分野で同社の技術が活躍していることをアピールするもの。 3月13日から、任天堂「Wii」の動画配信サービス「Wiiの間」の中の「ニコンの間」で、同社の技術を紹介する動画コンテンツを随時配信。 3月13日には、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S1000pj」の一つのパーツに込めた思いや開発秘話を紹介する「イン・ザ・パーツ #002」、3月20日には「ペット写真講座」を公開する予定。 「YouTube」の公式チャンネルは、「ニコン ライブラリー」(日本語)。「Wiiの間」で公開するコンテンツを中心に、同社の幅広い技術を身近に感じられる映像と、事業や製品をさまざまな観点から紹介するコンテンツを随時公開していく。 3月15日には、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD5000」の「イン・ザ・パーツ #001」と、雑誌『Hanako』の感性でワンランク上のブログ写真を撮る「Hanako的写真講座」、半導体の現在・過去・未来を映す「未来科学読本」を公開。3月23日には、先日開催された最新デジカメと周辺機器の展示会「CP+」同社ブースのレポート映像、4月にはデジタル一眼レフの動画撮影機能「Dムービー」で撮影したムービーの公開を予定している。 同社では、これらのコンテンツ展開を通じ、特に若年層のブランド認知を高めるとともに、ブランド価値の向上を図る。【関連記事】売れ筋ランキング【デジタル一眼レフカメラ】よしもとの写真好き芸人、ニコン「COOLPIX S6000」を特設サイトでアピール最新デジカメ・機器の祭典「CP+2010」ニコン、ISO 102400の世界を体験しよう!ニコン初! 下開きバリアングル液晶デジタル一眼、D5000を触ってきたニコン、世界初プロジェクター内蔵のコンパクトデジカメプロジェクター付きカメラを背負って踊りまくる謎の男の子の動画が熱い!

地球滅亡の運命からは逃れられない? 地球に向かってくる小惑星は爆破しても再び元に戻ってしまう

 小惑星が地球に激突して人類滅亡。SFでよくある作り話だが、この運命から人類は逃れられないのかもしれない。なぜなら、地球に向かってくる小惑星を核兵器で爆破しても再び元通りにくっついてしまうからだ。 このトンデモな主張は、ニューメキシコ州ロスアラモス国立研究所に務める科学者キャサリン・プレスコとカリフォルニア大学のドン・コリキャンスキーによって発表されたもので、彼らは小惑星爆破シミュレーションを行ったところこのような結果が出たと語っている。 シミュレーションでは直径1キロメートルの小惑星が地球に向かってきていると仮定。これを核兵器で爆破したところ、高速で飛散した小さな欠片以外は2〜18時間後には元通りにくっついてしまう結果となったそうだ。この恐ろしいシミュレーション結果は、先週ヒューストンで行われた月惑星科学会議でも発表されている。 ただ、別の研究では“900キロトン級の核兵器で爆破すれば直径1キロメートルの小惑星は完全に粉砕できる”との結果もあるため、最悪の事態だけは回避できそうである。なお、広島原爆が16キロトン、長崎原爆が22キロトンであることを考えると、900キロトンはかなりの威力を持っていることになる。もしもの時に発射事故などが起きないように願いたい。[ エルエル via New Scientist ](篠原 修司)このニュースの配信元の記事を読む(動画壁紙ダウンロード先などがある場合があります)あわせて読みたいあと5年以内に地球によく似た惑星が見つかる予定本日火星が地球に大接近! 夕暮れ時に東の空を見上げよう!昼と夜の境界線地球が美しいことを表現した作品『Blue Bueaty』なんとも幻想的で、そしてその意味が分かった時戦慄を覚える動画『Still Run』デジタルマガジンって何?ブログからニュースを発信するブログメディアです。世界中から面白い情報をお届けし、あなたの毎日を楽しくします。もちろん国内の情報も。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。